法学部ゼミナール大会を実施しました

令和元年11月24日(日)、法学部ゼミナール大会が実施されました。26ゼミが参加し、ひとゼミ当たり40分間の持ち時間で日頃の取り組み成果をプレゼンしました。発表者は主に3年生で、スライド上映との息をあわせ、ときおり動画を流したりしながら、研究テーマの熱心に発表していました。

今年度は1年生の参加者も多くみられ、聴講者が教室からあふれるゼミもあり、学生からも的を得た質問が飛び交い、活発な議論が展開されていました。1年生にとっては、12月のゼミ選抜をひかえていることもあり、所属したいゼミを伺っていたのかもしれません。

今日の発表は、「ゼミナール論集」という冊子にまとめ、卒業の年に発行する予定です。