語学研修について

立正大学には、長期休暇中に、海外の大学で語学研修に参加するプログラムだけでなく、さまざまな語学研修プログラムがあります。

今回は、ほかにはないハワイお寺ステイプログラムに参加してきた法学部生(参加時1年生、現在2年生)の体験記を掲載します。
なお、今年度は現在夏休みのプログラムに法学部1年生6名(イギリスなどの各大学への語学研修)が参加を予定しており、帰国次第体験記を掲載します。

IMG_6258IMG_6915

ハワイお寺ステイプログラム研修報告

私は今回、法学部主催のハワイお寺ステイプログラムに参加しました。

私が今回この研修に参加しようと考えた理由は、もともと英語力を伸ばしたいという考えがあり、ほかにはハワイという土地に憧れを持っていたこと、真珠湾攻撃についても学びたいと以前から考えていたからです。 そんな私にはピッタリのプログラムだと考え、希望しました。

人生初の海外で今回このプログラムに参加した学生が私1人だけということで不安もありましたが、逆に自分が成長出来る良い機会だと考えて留学に臨みました。研修内容はお寺のスケジュールに従います。朝勤を行ったり、土曜日にはお寺の清掃、老人ホームの慰問など日本ではなかなか体験できないことをたくさん経験することができました。

そのなかでも私の印象に残った体験はアリゾナメモリアルを見学出来たことです。 アリゾナメモリアルとは、真珠湾攻撃で日本軍の攻撃を受け、沈没した戦艦アリゾナを静態保存し、その上に記念館を建てたものです。 記念館からは実際に戦艦アリゾナを見ることができます。 訪れてみて現地の方たちの戦争への関心の深さにも驚きました。日本人としてたくさんのことをここで学ぶことが出来たと思います。ハワイに訪れた時は必ず来るべきだと思いました。

英語のレッスンについてはプライベートレッスンという形で行われました。 先生とショッピングモールで買い物をしたり、ハンバーガー屋さんでランチをしながらのレッスンでとても楽しく英会話を学ぶことができました。

最後にこの記事を読んでくださった皆さん、ハワイはとても素晴らしい場所です。私自身ももう一度行きたいと強く思います。せっかくの大学生活ですから今しかできないことをこの立正大学で!他にもたくさんの海外研修のプログラムが用意されているので少しでも留学を考えている人はぜひ自分から調べてみてください。そしてより良い大学生活にしてください。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.