新校舎棟

課外ゼミナールと学習スペース

e382bce3839fe5aea4 公務員や資格取得を志望する学生が多い法学部では、講座の充実や課外講座の受講料の軽減措置など、様々な支援策を打ち出しています。

 中でも課外ゼミナールは、情報交換や勉強会、教員による対策合宿などを内容とする選抜制のゼミ組織で、様々な目標を持った熱心な学生が集まってきます。
  法学部のアカデミックキューブ5階には、こうした学生達が静かに自習し、仲間たちと自主的に勉強会を行うことができるよう、学習個室や各種資料を備えた準備室等が設けられています。 

 特筆すべきは、これらのスペースが、教員の研究室と同一フロアにあること。学生達は疑問に思ったやわからないことがあれば、気軽に教員の研究室を訪ねて質問することもできます。 深夜まで机に向かうことができるこのスペースから、今年はどんな成果が生まれるのか、楽しみです。

Posted in 新校舎棟 コメントは受け付けていません。

アカデミックキューブ・始動!

2009年4月、新年度が始まり、334名の学生が立正法学部生としてのスタートを切りました。

同時に、かねて立正大学再開発事業として行われていた、新校舎棟(アカデミックキューブ)が竣工、新年度と共に稼動を始めました。

アカデミックキューブは地下1階、地上6階、ガラスとレンガを組み合わせたデザインは採光性にすぐれ、開放感は満点です。1〜4階はエスカレータでも移動可能な教室棟、5階、6階は研究室や資料室などで、法学部の教員や資料などはすべて5階に集まっています。

1階には、大きな学会を開催することも可能なプレゼンテーションラボの他、各学部の事務所、インターネットカフェがあります。2階以上の教室フロアにはそこここにグループで集まれる談話スペースが備えられ、ゼミの事前準備などに多いに活用できそうです。各講義室には、プロジェクタ、スクリーン、AV機器が備えられ教卓のコンソールから集中コントロールがが可能で、特にコンピュータを用いたプレゼンや授業には最適の環境になりました。また、各フロアに無線LANによるネット接続環境が完備しており、学生の情報アクセス環境は格段に向上しています。さらに、5階の法学部教員フロアには課外ゼミ室、課外ゼミ個室、課外ゼミ準備室と、課外でも意欲的に勉強したいという学生をサポートする万全な体制が整っています。

新たに始まったアカデミックキューブでの法学部教育、まだまだ未整備なところもありますが、可能性十分。このブログでは、新装なったアカデミックキューブを随時紹介していきます。

Posted in 新校舎棟 コメントは受け付けていません。