「行事・課外」一覧

夏のオープンキャンパスはじまりました(7月)

いよいよ夏のオープンキャンパスがはじまりました。

先日(令和元年7月28日(日)は台風の影響が心配されましたが、梅雨明けを思わせるお天気に恵まれました。法学部では、腕章をつけた学生スタッフが、来場してくださった方々をお待ちしています。

まずは【法学部ブース】についてご紹介。学生スタッフたちは、公務員志望の高校生には法学部主催の「公務員講座」の様子や就職先など卒業生のパネルを紹介しながらお伝えしています。ゼミナール論集を眺めている高校生には「ゼミ」で楽しかったこと、大変だったことを語ります。ブースの内装には、たくさんの仕掛けついた手書きのポスターがいくつも貼り出してあります。これらは学生スタッフが作成しました。「年間スケジュール」「法学って何を学ぶの?」「「法学部Q&Aの棚」など、隠れた窓を開くとその答えがわかりますよ。また、教員相談コーナーでは、先生と直接お話しできますので、なんでも聞いてみてください。

【法学部説明会・AO入試説明会】では、授業やゼミ、宅建講座や行政書士講座のほか公務員講座などの課外講座などをご説明しています。また、AO入試出願に関わる説明をします。※AO入試出願希望者は、この説明会に、原則、出席することとなっております。

今後のオープンキャンパスは、8月4日(日)熊谷校舎、10日(土)品川校舎、11日(日)品川校舎、18日(日)熊谷校舎で開催します。なお、法学部は品川校舎での在学となります。 皆さまのお越しをお待ちしています。

夏期短期語学研修 奨学金交付式

2019(令和元)年7月24日(水)に、夏期休暇中にイギリスのCunterbury Christ Church Universityへ短期語学研修に参加する法学部生が法学部奨学生として採用され、奨学金交付式が行われました。

今回は1年生が3人採用されました。

夏期休暇中の3週間をホームステイで過ごしてくる予定です。

帰国後の様子は、いずれこのブログで紹介したい思います。

夏のオープンキャンパス 準備中です

夏のオープンキャンパスに向けて、学生たちが準備をしていました。

今日は、学部ブースへ掲載する「ゼミ紹介」の掲示物の作成です。

ゼミ集合写真と紹介メッセージは手書きして・・・♪

学生たちの力作を見に来てくださいね。

夏のオープンキャンパス【品川キャンパス】

令和元年7月28日(日)、8月10日(土)、8月11日(日)

10時~16時

法学検定試験 全国で合格者数第1位の団体賞を受賞しました(4年連続)

2018年度の法学検定試験において、立正大学法学部が、全国で合格者数が第1位の「団体賞」を受賞いたしました。表彰式へは、学生代表の法学部1年と村田先生が出席され、賞状を楯をいただきました。

2014年度は第3位でしたが、2015年度以降は第1位となり、今回は4年連続の第1位となりました。

今年(2019年度)も法学部生は法学検定試験を受験予定です。

*表彰状は、法学部掲示板に掲出予定です。

西谷ゼミが宮前小学校にて模擬選挙を実施しました

平成31年2月19日(火)に西谷ゼミが、品川区役所の協力の下、宮前小学校5・6年生を相手に模擬選挙を実施しました。

学生らは、模擬選挙当日に参加するだけではなく、事前に行われる小学生との意見交換会(授業参加)にも参加、その後小学生の意見をもとにマニフェストづくりを手がけ、再び小学校に出向いて候補者演説&政策討論に至るまでを一手に引き受けます。一連の模擬選挙活動を通じて、選挙啓発に携わるだけでなく、学生自身にも主権者として自治的な能力や政治的教養を身につける契機にもなります。

模擬選挙を体験した小学生はもとより、西谷ゼミの学生らも、政治に対する意識が変わるきっかけの一つとなったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

資格取得奨励金交付式を行ないました

2019(平成31)年1月31日(木)品川キャンパス421教室において、資格取得奨励金交付式が行なわれました。

この授与式は、法学部生で当該年度中に資格の取得者および公務員試験合格者を奨励する目的で毎年実施しています。今年度は法学部生約140名が奨励金=図書カードの交付を受けました。

法学部1年生全員受験としている「法学検定試験」の合格者をはじめ、「TOEIC」高得点修得者、「ビジネス実務法務検定」「宅地建物取引士」「行政書士」などの資格取得者と、公務員試験の合格者が多数でました。

交付式では、代表として、4年生の田尻さんと河野さんから後輩へのメッセージを話してもらいました。ふたりとも、法学部主催の公務員講座を受講し、公務員への入職を勝ち取った学生です。

合間時間を見つけて勉強をすることはもちろん、ONとOFFの切り替えの大事さを語ってくれました。

先輩からのメッセージを受け、来年度もたくさんの後輩たちがいい結果につなげていってほしいと思います。

 

田尻 脩(タジリ ユウ)さん 法学部4年生

■取得資格:地方上級(千葉市)

 

河野 有里(コウノ ユリ)さん 法学部事務室4年生

■取得資格:地方上級(特別区)、国税専門官

代表でお話してくださったのおふたりのご活躍を祈念しています。

民間企業就職セミナーを実施しました

2019(平成31)年1月12日(土)品川キャンパス9B11教室・9B12教室において民間企業就職セミナーが実施されました。

今回の講師の方々は、人事や営業担当を歴任されてこられ、非常に多くの学生の面接を見てきた、言わば「面接のプロ」です。企業の人事担当者の方がどのような視点で採用を行っているのかをお話していただきました。

法学部では、毎年この時期に就職活動スタートしたての3年生を対象として、就職活動の糧にしてもらっています。

 

講師の方は、以下の2名です。

【製造小売業】武田 秀之 氏 ・・・写真の上段

(株式会社 グレープストーン 本社管理本部総務・人事部長)

 

【ブライダル・レストラン事業】 寺輪 佳輝 氏 ・・・写真の下段

(株式会社 アターブル松屋 取締役執行役員営業副本部長、株式会社 アターブル松屋 フードサービス代表取締役社長)

 

自身のスキルの強み弱みを分析するPROGテスト後ということもあり、受講学生は熱心に聞き入っていました。「どんなときに仕事へのバイタリティーを感じますか」と鋭い質問も飛び出し、予定時間を延長してまでお話してくださいました。

 

 

   

国際教育学会で最優秀賞の表彰を受けました 小山啓太先生

法学部の小山啓太特任講師が,

2018年12月10日より4日間、英国ケンブリッジ大学で開催された国際教育学会(正式:世界特別支援教育会議・ロンドン国際教育会議)において、57か国71研究発表の中から、最優秀賞を受賞しました。「ボール一つで世界中にいる何百万・何千万の発達障害の子ども、貧困やさまざまな環境下で遊び運動の機会を失ってしまった何億の子どもの未来を明るく変え、健やかな成長を支援する独創的な研究である」という点が評価されました。

「0歳からのボール遊び運動 “投げる”が脳と体を育む」の著書である小山先生。ボールを触ることで手指に受ける刺激は、脳の前頭前野に大きな影響を与える。小さい頃の運動刺激は前頭前野を活性化させて脳を大きくし、将来の学習能力にも関係するとのこと。

小山先生は2018年4月13日にエンポリア州立大学(アメリカ)にて、栄誉殿堂者の表彰も受けています。

医療スポーツがご専門の小山先生は、学内だけでなく、学外にもフィールドを広げて活動をしています。

埼玉県立越谷北高新聞から取材 丸山泰弘先生

刑事法学の丸山泰弘准教授が、埼玉県立越谷北高校の新聞部の取材を受けました。特集「大麻」で薬物使用者の差別をなくすコメントが「越谷北高新聞(2018年11月30日発行)に掲載されました。

薬物依存の問題は、使用や所持することを犯罪とすることで適切な医療や回復に繋がることを阻害してしまうということにポイントがある。事故や事件を起こすものとしては酒も同様だが、飲酒の事故は非難がされても酒そのものには批判がなされていない。つまり「薬物だからダメ」というイメージで作り出された「犯罪」であるということ。むしろそいういった偏見が薬物を使用した人を差別の対象としてしまう傾向にある。差別により回復を遅らせるのではなく、その人らしく回復するためにはどう接したらいいか。薬物使用があろうが無かろうが「人」として付き合っていけばよいと、薬物使用者への偏見を無くそうと伝えています。

大麻は薬物のひとつではあるけれど、太古の昔から衣服の麻や神事でつかわれる鈴縄、釣り糸、蚊帳、下駄の鼻緒など、生活の身近なところで使われるものでもあります。物事の一面だけでは判断できないことのひとつではないでしょうか。

新聞のタイトルのように「害になるかならないかは使い方次第」ですね。

     

硬式野球部 大学日本一に決定!

2018年11月14(水)、明治神宮大会において、環太平洋大学との決勝戦の末、6対4で立正大学の勝利。9年ぶりに大学日本一に輝きました。

品川キャンパス421教室では12:10からパブリックビューイングが設置され、教職員と学生が一緒になって固唾を呑んで勝利の行方を見守りました。

東都大学秋季リーグからの優勝、そして大学日本一まで上り詰めた野球部。日頃の練習の成果の賜物に違いありません。おめでとう!

皆さまからのたくさんのご声援ありがとうございました。