「ゼミ・授業」一覧

ゼミナール説明会を実施しました

2018年10月27(土)、法学部1年生を対象にゼミナール説明会がありました。立正大学法学部では、2年生からゼミナールが始まります。

ゼミ生が1年生へゼミの特徴をアピール。「授業中は厳しいイメージの先生ですが、ゼミではとても楽しい先生ですよ。一緒にゼミを盛り上げましょう」と熱のこもったメッセージが繰り出します。

4年生までの3年間を過ごすゼミ。1年生にとってもゼミ生たちにとっても、緊張感と期待感でいっぱい。相談会会場では、時間ギリギリまで話しが弾んでいました。

ゼミへの所属は選抜制で、レポートや面接を課していますので、必ずしも希望するゼミに入れるとは限りません。

ゼミ選抜は、1次:12月8日(土)、2次:12月17日(土)です。

ゼミナール紹介の掲示物は、西谷ゼミの学生が率先して作成しました。

 

  

西谷ゼミが防犯セミナーを実施しました 北海道女満別高校

2018年8月20(月)、西谷尚徳准教授のゼミ生他18名が、北海道女満別高校において防犯セミナーを実施してきました。

「憲法」「メディア・報道」「刑事法」「法学入門」「刑法」の5分野ごとに班を編成し、学生と高校生とでワークショップを行いました。

この活動は、高大連携の取り組みとして、昨年度に引き続き2年目となります。

北海道通信(日刊教育版)に記事が掲載されました。

     

法学部が品川区と協働教育推進に向けた協定を結びました

2018年7月19日(木)、品川区教育委員会と立正大学法学部は「品川区の協働教育推進に向けた協定」の調印式を執り行いました。

西谷尚徳准教授による司会で、本城教育次長、大関教育総合支援センター長のご同席のもと、中島教育委員長と位田法学部長で協定書に調印を行いました。

今年度の8月から「実務演習Ⅳ(品川区フィールドワーク)」の授業として、法学部3年生の7名が臨みます。品川区ふれあいインターンでは、品川区の研修に学生が補助者として携わる予定です。

法学部のアクティブラーニングの1つとして、大きな1歩を踏み出しました。

本学は、品川区と連携・協定に関する包括協定を結んでおり、この度の協定は、法学部との協働教育推進事情の実施に関する覚書の取り交わしをしました。

平成30年7月1日(日)、世はワールドカップでヒートアップする中、日本でヒートで有名な熊谷キャンパスでも熱き闘いが繰り広げられていました。種目はバレーボール。

ジャンプサーブ炸裂

   ドンピシャ!

オレにトス、持って来い!!!

後ろ向きのボールめっちゃレシーブしますし、普段の練習なくして、あんなん普通できないだろうなぁと見てて思いました(さては皆さん、影で半端なく練習してましたね?)

【先生編】

堀井先生、ナイスレシーブ!(月曜の「企業法総論」に影響ないように笑)

舟橋先生、サーブ。ちょ、先生当てないで下さいよ~(汗)

優勝は山下ゼミ、第2位は舟橋ゼミ、第3位は位田ゼミでした。

抜群のチームワークだった山下ゼミ。これも普段の先生の行き届いた指導のおかげ!?

クオカード贈呈。生中○杯分?の足しになるかなぁ・・・

閉会式 大過なく終わって良かったですね(学部長談)

 

皆さん、暑い中お疲れ様でした!

裁判傍聴と弁護士講演(ゼミナール活動紹介)

3月1日(木)、高橋ゼミでは、1年生ゼミ生予定者と2年生ゼミ生の19人が、さいたま地方裁判所の裁判傍聴をしてきました。その後、埼玉総合法律事務所の弁護士 伊須慎一郎先生から裁判解説と労働事件等のご講演をいただきました。裁判傍聴の感想や意見交換をし、労働法にまつわる事案についてはゼミ生たちから活発な討論が展開されました。

法学部ゼミナールは学内だけでなく、学外にもフィールドを広げて活動をしています。

  

平成30年度ゼミナールⅠ-第1次選抜【結果発表】

1次選抜の結果が本日12月11日(月)14時に学内掲示で発表されました。歓声と落胆の声とが混在している掲示版前です。

1年生の9割近い学生がゼミの申込を希望しましたが、全員が合格できませんでした。

第2次選抜は、申し込みが12月5日(金)まで、16日(土)の面接試験を経て、選抜結果が12月18日(月)に発表されます。

平成30年度ゼミナールⅠ-第1次選抜

平成29年12月9日(土)、品川校舎では、来年度から始めるゼミナールⅠの第1次選抜の面接が実施されました。

今週12月4日(月)~6日(水)に申込を済ませた1年生は、ゼミごとの選抜方針に基づき、面接を受けました。

面接官は、教員だけでなく先輩ゼミ生も積極的に関わっているところもあり、学生目線での面接を行うゼミがあるようです。

1次選抜の結果は、週明けの12月11日(月)に学内掲示で発表されます。

平成29年度 法学部ゼミナール大会

平成29年11月26日(日)、品川校舎9B21教室他にて、法学部ゼミナール大会が開催されました。法学部生3年生が中心となって、24ゼミがそれぞれ工夫を凝らした発表を行いました。

「ゼミナールⅡ」でテーマを決め、時間をかけて議論をしてきた成果を伝えるために、多くの時間を費やしてこの日を迎えた学生も多くいます。

1年生は2年生から始まるゼミナールを決定するため、どんなことを学ぶのか、どんな先輩がいるのか等をじっくりと吟味していたようでした。

 

小学生と模擬選挙を体験!

平成29年10月7日(土)、「特別演習」の授業では、品川区立清水台小学校にて模擬選挙を実施してきました。

立候補者となった法学部3名は所信表明を述べ、小学生たちに投票をしてもらいました。

実際に使用されている本物の投票記載台や投票箱が設置され、開票作業なども小学生たちと体験。

2週間後には衆議院議員総選挙が予定されていたため、小学生たちには実感を持って参加してもらえたようでした。

 

模擬選挙 品川区立清水台小学校にて1

模擬選挙 品川区立清水台小学校にて2

模擬選挙 品川区立清水台小学校にて3

模擬選挙 品川区立清水台小学校にて4

インターン&移住体験で学ぶフィールドワーク(千葉県銚子市)

平成29年9月7日(木)~14日(木)、「特別演習」の授業では、千葉県銚子市でインターンシップと移住体験を行ないました。

参加した法学部学生6人は、銚子市の市制の取り組みや地域における行政と民間企業の連携について、インターンシップを通じて学んできました。

また、移住体験や現地の方々と接することから、地方自治の現状を調査し、法学の学修を深めたり、地方自治や政策について考察したりしてきました。

銚子市インターンシップ・移住体験1

銚子市インターンシップ・移住体験2

銚子市インターンシップ・移住体験3