「ゼミ・授業」一覧

法学部主催 業界セミナーを実施しました

本日令和元年7月6日(土)、法学部主催の業界セミナーを実施しました。

法学部の卒業生を講師に迎え、大学時の学修体験や仕事の業務内容について、直接話を聞ける機会でした。士業(社労士、行政書士)、国家公務員(検察事務官、財務専門官)、地方上級(特別区、県庁、市町村)、警察官、民間企業(レストラン、ブライダル、団体、不動産、人材)、金融、教職の各方面からの講師が集まりました。

今回の受講対象は2年生以上。採用試験の問題や面接対策など、具体的な質問も多くありました。就職活動の駆け出しの時期とはいえ、学生たちの真剣な眼差しに、先輩たちも懸命に応えてくれていました。

法学部では、毎年「業界セミナー」を実施し、在学生に卒業後の進路選択の機会を設けています。

岩切 大地 教授 朝日新聞のオピニオン&フォーラム インタビューに掲載されました ~解散権はだれのものか~

2019(令和元)年6月13日(木)、法学部の岩切先生が「解散権はだれのもの」で朝日新聞のオピニオン&フォーラムのインタビュー(6月13日朝刊)で掲載されました。

また、本学Facebookでは、朝日新聞デジタルへの掲載についてご案内しておりますので、併せてぜひご覧ください。

立正大学Facebook→ https://www.facebook.com/RisshoUniversity/

川眞田 嘉壽子 教授 「品川区男女平等啓発誌 マイセルフ 自分らしく」に掲載されました

国際人権法・ジェンダーと法など、国際法ジェンダー分析が専門の川眞田嘉壽子教授が、「品川区男女平等啓発誌 マイセルフ 自分らしく」のインタビューを受け、2019春号vol.59に掲載されました。川眞田先生は、品川区の「マイセルフ品川プラン~誰もが自分らしく~」の策定検討委員会委員長を務められています。

ぜひご覧ください。

20190604法学部 川眞田先生 品川区男女平等啓発誌マイセルフ1

20190604法学部 川眞田先生 品川区男女平等啓発誌マイセルフ2

20190604法学部 川眞田先生 品川区男女平等啓発誌マイセルフ3

20190604法学部 川眞田先生 品川区男女平等啓発誌マイセルフ4

 

丸山泰弘 准教授 朝日新聞 裁判員裁判「判決後」にも目を向けて

刑事政策が専門の丸山泰弘准教授の裁判員裁判に関するお話の記事が、朝日新聞(埼玉首都圏版)2019年5月26日付けに掲載されました。

裁判員裁判の「判決後」の刑罰の実情や矯正施設の現状に目を向け、理解を深めてほしいとお話しています。

ぜひご覧ください。

       

法学部ゼミナールⅠ 1次選抜面接が行われました

平成30年12月8日(土)、新2年生から始まるゼミナールの1次選抜面接が行われました。

スーツ姿の上級生にかこまれて、1年生がゼミに入るための面接を受けます。

ゼミによって様々な形態をとっているのはおもしろいですね。

 

週明けの12月10日(月)は1次選抜の合格者発表です。

法学部ゼミナール大会が行われました

平成30年11月25日(日)、法学部ゼミナール大会が開催されました。

1ゼミあたり40分間、24ゼミが発表に臨みました。

各ゼミが取り組んだテーマは写真のとおりです。

3年生が主となり、プレゼン形式だけでなく、裁判官や弁護士、検察官をたてた法廷形式など、工夫を凝らした発表をしたゼミもありました。

質疑応答では、予想外の問いかけに苦戦しながらも、ゼミの仲間で議論を交わしたひとコマを紹介しながら回答する姿もありました。

今後は、ゼミ論集に仕上げるためのまとめの作業になります。

 

1年生も熱心に発表を聞き入っていました。

12月からのゼミ選抜のためでしょうか、先輩たちの様子を見ながら3年生になった自分を重ねていたのかもしれません。

ゼミ選抜の様子は、後日、ご報告します。

 

まもなく法学部ゼミナール大会が開催されます

法学部ゼミナール大会がこの週末となりました。3年生が中心となって、ゼミで調べ上げたテーマで発表します。学生たちは毎日のように、プレゼンテーションの準備に余念がありません。法学部事務室には、当日配付のレジュメ原稿が集まってきました。グラフや写真などを的確に活用している様子が伺えます。

ゼミナール大会は、11月25日(日)9時05分より、9号館9B21~9B23教室にて開催。

どのゼミもこれまでの集大成となるいい発表を期待しています。                  ※経済学部も同日にゼミナール大会を開催予定です。

公開講義「暮らし向きを良くする税」を実施しました

2018年11月10(土)、本学法学部の元教授でもあり、現在客員教員で税理士の浦野広明先生による公開講義「暮らし向きを良くする税」(法学研究科)が行われました。

日本国憲法に書かれている税について確認し、納税者の権利、課税の仕組み、税の使われ方などをご紹介いただき、日本だけでなく海外の税制事情を交えて説明してくださいました。

消費税増税を来年の10月にひかえ、関心の集まるところでしょうか、院生や一般の方、そして税理士会の方々などにご来場いただけました。

ゼミナール説明会を実施しました

2018年10月27(土)、法学部1年生を対象にゼミナール説明会がありました。立正大学法学部では、2年生からゼミナールが始まります。

ゼミ生が1年生へゼミの特徴をアピール。「授業中は厳しいイメージの先生ですが、ゼミではとても楽しい先生ですよ。一緒にゼミを盛り上げましょう」と熱のこもったメッセージが繰り出します。

4年生までの3年間を過ごすゼミ。1年生にとってもゼミ生たちにとっても、緊張感と期待感でいっぱい。相談会会場では、時間ギリギリまで話しが弾んでいました。

ゼミへの所属は選抜制で、レポートや面接を課していますので、必ずしも希望するゼミに入れるとは限りません。

ゼミ選抜は、1次:12月8日(土)、2次:12月17日(土)です。

ゼミナール紹介の掲示物は、西谷ゼミの学生が率先して作成しました。