投稿者「faculty admin」のアーカイブ

公開講義「暮らし向きを良くする税」を実施しました

2018年11月10(土)、本学法学部の元教授でもあり、現在客員教員で税理士の浦野広明先生による公開講義「暮らし向きを良くする税」(法学研究科)が行われました。

日本国憲法に書かれている税について確認し、納税者の権利、課税の仕組み、税の使われ方などをご紹介いただき、日本だけでなく海外の税制事情を交えて説明してくださいました。

消費税増税を来年の10月にひかえ、関心の集まるところでしょうか、院生や一般の方、そして税理士会の方々などにご来場いただけました。

法学部・法制研究所シンポジウムを実施しました

2018年11月3(土)、本学の学園祭の期間中に、第14回法学部・法制研究所シンポジウムが行われました。テーマは「環境行政法の新しい視座—主として土壌汚染問題に関する日韓比較を通じて—」。

前半は基調講演として、日本の報告を李斗領(本学法学部 教授)、韓国の報告を崔桓容先生(韓國法制研究院 副院長)からお話いただき、パネリスト報告として、黒坂則子先生(同志社大学法学部 教授)より「わが国の土壌汚染対策法における課題」、小谷真理先生(同志社大学政策学部 准教授)より「条例による環境対策-ゴミ屋敷を例として-」のお話を伺いました。

後半は、パネルディスカッションを位田央法学部長の司会で行われました。笑みがこぼれる場面もあり、和やかな雰囲気の中でも、大きな問題である土壌汚染を考えさせられる機会となりました。

質疑応答なども盛んに繰り出されていました。少し難しいテーマでしたが、ゴミの廃棄や土地売買など具体的で身近な生活問題からの切り口に、興味関心が持てたとの感想もいただきました。

この度シンポジウムは、大学近隣の一般の方や本学学生など総勢約200名の方々にお集まりいただけました。 多くの方のご来場ありがとうございました。

硬式野球部 秋季リーグⅠ部 優勝おめでとう

2018年10月25(木)、法学部に所属している硬式野球部が、東都大学野球秋季リーグの1部優勝を果たしました。9年ぶり(18季)の優勝です。とても喜ばしいです。            皆様の硬式野球部への応援、ありがとうございました。

法学部生は品川キャンパスの所属ですが、法学部生でもある硬式野球部の学生は、野球部療のある熊谷校舎で授業を受けています。共に授業を受けた仲間が、大舞台で大きな結果を残したことに敬意を払いたいと思います。

11月に予定されている明治神宮大会でもよい結果を期待してやみません。 また、同日にプロ野球のドラフト会議があり、本学からは、伊藤裕季也(横浜DeNA)と小郷裕哉(楽天)が選出されました。名誉あることです。プロの世界でも彼らの大活躍を期待します。

ゼミナール説明会を実施しました

2018年10月27(土)、法学部1年生を対象にゼミナール説明会がありました。立正大学法学部では、2年生からゼミナールが始まります。

ゼミ生が1年生へゼミの特徴をアピール。「授業中は厳しいイメージの先生ですが、ゼミではとても楽しい先生ですよ。一緒にゼミを盛り上げましょう」と熱のこもったメッセージが繰り出します。

4年生までの3年間を過ごすゼミ。1年生にとってもゼミ生たちにとっても、緊張感と期待感でいっぱい。相談会会場では、時間ギリギリまで話しが弾んでいました。

ゼミへの所属は選抜制で、レポートや面接を課していますので、必ずしも希望するゼミに入れるとは限りません。

ゼミ選抜は、1次:12月8日(土)、2次:12月17日(土)です。

ゼミナール紹介の掲示物は、西谷ゼミの学生が率先して作成しました。

 

  

9月卒業証書授与式を行いました

2018年9月20( 木)、9月卒業式が石橋湛山記念講堂で挙行され、法学部生を対象に卒業証書授与式が9B12教室において実施されました。

法学部の9月卒業生は総勢13名。当日出席できたのは、7名でした。 ゼミナールでお世話になった先生と握手をしたり、論集を手渡しもらったり、記念撮影をしたりという光景がみられました。

また、卒業後の進路の話題になると話が尽きず、学生と教員との関係が深いものだったことを思わされました。

卒業後も健康に気をつけて社会で活躍されることを切に願っています。

    

西谷ゼミが防犯セミナーを実施しました 北海道女満別高校

2018年8月20(月)、西谷尚徳准教授のゼミ生他18名が、北海道女満別高校において防犯セミナーを実施してきました。

「憲法」「メディア・報道」「刑事法」「法学入門」「刑法」の5分野ごとに班を編成し、学生と高校生とでワークショップを行いました。

この活動は、高大連携の取り組みとして、昨年度に引き続き2年目となります。

北海道通信(日刊教育版)に記事が掲載されました。

     

法学部が品川区と協働教育推進に向けた協定を結びました

2018年7月19日(木)、品川区教育委員会と立正大学法学部は「品川区の協働教育推進に向けた協定」の調印式を執り行いました。

西谷尚徳准教授による司会で、本城教育次長、大関教育総合支援センター長のご同席のもと、中島教育委員長と位田法学部長で協定書に調印を行いました。

今年度の8月から「実務演習Ⅳ(品川区フィールドワーク)」の授業として、法学部3年生の7名が臨みます。品川区ふれあいインターンでは、品川区の研修に学生が補助者として携わる予定です。

法学部のアクティブラーニングの1つとして、大きな1歩を踏み出しました。

本学は、品川区と連携・協定に関する包括協定を結んでおり、この度の協定は、法学部との協働教育推進事情の実施に関する覚書の取り交わしをしました。

夏のオープンキャンパスが始まります!

今週末の7月22日(日)より夏のオープンキャンパスが、まずは品川キャンパスにて始まります。

品川キャンパス:7/22(日)、8/11(土・祝)、8/12(日)
熊谷キャンパス:8/5(日)、8/18(土)

実施時間は、10時~16時です。

↓当日スケジュール

http://www.ris.ac.jp/examination_information/event/detail.html

法学部ブースでは、法学部OB・OG生の就活に関わるQ&Aや勤め先、在学生が今頑張っていることや興味のあることを、学生がインタビューして手作りしたパネルを掲載しています。

 

また、法学部生が大学で実際に使用している時間割、シラバス、公務員試験の過去問題や法学部先生方の著書等を閲覧できます。

 

教員相談コーナーでは、大学での学び方やカリキュラムの内容に法学部の先生方がお答えします。民間企業または公務員を目指している皆さんへ受験方法等アドバイスもしますので、いろいろと聞いてみてください。

 

それから、オープンキャンパスに来たからには、是非してもらいたいのは、在学生スタッフとの「対話」です。資格取得に励んだり公務員試験の勉強を頑張っている先輩もいれば、サークルに打ち込んだり留学を通して様々な体験をしてきた先輩もいます。

 

皆さんには高校時代とは大きく異なる学生生活を経験している諸先輩方から「活きた」体験談を聞いてもらえたらと思います。彼ら、彼女らの姿を見て、自分が大学に入ってからを想像・投影して皆さんが何らかのヒントや元気をもらって帰ってくれれば、学生スタッフ冥利に尽きますよね。

そして皆さんが立正大学法学部へ入学してくれ、今度は学生スタッフの立場になって、高校生や保護者の方々に自身の体験談を話してくれれば、これ以上嬉しいことはありません!

興味のある方は是非、法学部ブースに顔を出してみてください。

 

 

2期実施課外講座のガイダンスについて

平成30年7月10日(火)の18時から925教室にてビジネス法務検定2級課外講座のガイダンスを、7月11日(水)の16時10分から9B15教室にて法学検定試験対策(法学入門)課外講座を実施します。

また、その翌週の7月17(火)と19日(木)の18時から931教室にて法学部主催TOEIC® L&R TEST対策課外講座のガイダンスを実施します。

 

学内で利用できるダブルスクールは、費用も時間も最小化でき、大変有用で効率的です。ビジネス法務検定とTOEIC TEST は、就職活動での面接の際、履歴書の資格欄に記載があると好印象です。ビジネス上の基礎的な法律知識や語学力を有していることをアピールできるので、他の人との差別化がはかれます。民間の就職活動にも役立ちますので、この機に是非ガイダンスに出席してみてください。

ビジネス法務検定2級講座ガイダンスの様子。大盛況でした!

 

平成30年7月1日(日)、世はワールドカップでヒートアップする中、日本でヒートで有名な熊谷キャンパスでも熱き闘いが繰り広げられていました。種目はバレーボール。

ジャンプサーブ炸裂

   ドンピシャ!

オレにトス、持って来い!!!

後ろ向きのボールめっちゃレシーブしますし、普段の練習なくして、あんなん普通できないだろうなぁと見てて思いました(さては皆さん、影で半端なく練習してましたね?)

【先生編】

堀井先生、ナイスレシーブ!(月曜の「企業法総論」に影響ないように笑)

舟橋先生、サーブ。ちょ、先生当てないで下さいよ~(汗)

優勝は山下ゼミ、第2位は舟橋ゼミ、第3位は位田ゼミでした。

抜群のチームワークだった山下ゼミ。これも普段の先生の行き届いた指導のおかげ!?

クオカード贈呈。生中○杯分?の足しになるかなぁ・・・

閉会式 大過なく終わって良かったですね(学部長談)

 

皆さん、暑い中お疲れ様でした!